headerphoto

地籍GIS

地籍GIS(法定外公共物管理バージョン)

法定外バージョン


法定外公共物の譲与申請に必要な図面及び申請図書の作成部分と法廷外公共物を管理する部分から構成されています。当佐賀協会はじめ多くの協会でご利用いただいております。基図作成部分は単独で譲与後も土地家屋調査士の業務で利用することが出来ます。また今年12月頃にリリース予定の地籍管理バージョンをオプションとして追加していただければ全ての土地(法定外・法定公共物、民地)の地籍情報(地番、地目、地積、所有者)を地籍図とリンクして管理することが出来ます。

導入頂いてる協会

地籍GIS(地籍管理バージョン)
(2001年12月リリース予定)

地籍管理バージョン


地籍管理バージョンは地籍管理システムとして基準点、すべての筆情報管理(座標、画地)登記簿情報をリンクして管理することが出来ます。点と線と面というフェイズですべてが管理され点では座標値、標識、作成情報、履歴等。線では立会情報、履歴等。面では地番、地目、地積、所有者等の登記簿情報の履歴が管理され検索の対象となります。


地籍GIS(その他バージョン)

その他のアプリケーション


地籍GISで構築された基図をもとに様々なアプリケーションを動かして業務の合理化を行うことが出来ます。

● 占用許可情報管理
● 境界確認管理
● 道路付属物管理
(街路灯、街路樹)
● 都市公図管理
● 網図管理


  ▲ 前のページヘ戻る ▲TOP 


ホームページに関するご意見・ご感想・誤り等がございましたら、メールにてお願い致します。